--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.07.15

ビバ~、ラスベガスな結婚式

2012年9月1日、待ちに待った結婚式☆

前日にラスベガスへ向かって、マリッジライセンスを取得。
ネットで申請してたから、サインするだけの簡単作業。

その後、待ちきれず数日前にすでにベガス入りをしていたパパとママンと合流。
ホテルはちょっと豪華に The Venetian。
いつも行くレストランで夕飯を済ませて、翌日に備えさっさと就寝。


ラスベガスでの結婚式は、仮の結婚式で、2か月後が本物の結婚式。
だから、そんなに気合はいれなくても大丈夫だけど、
一応正式な結婚式なわけだし、写真も撮るわけだから、
朝からパックしたり、お化粧したり、髪を結ったり、大忙しだもんね。

Dのお着物というリクエストに応えて、
この日は白い絽の訪問着。だけど帯は、まぁいいかと名古屋帯。
アメリカって自由でいいわー♪

Dはスポーツジャケットにタイにスラックス。
ネクタイにこだわりのあるDは、モゥ以上に真剣に着る物選び。
Yシャツの襟の違いとか、タイの太さとか、そんなのどうでもいいのに。

ママンはお洒落に涼しそうなドレス。
鮮やかなブルーが一際目立って素敵。
ママンLOVE

パパは、ママンにジャケットを強要され、
長袖のYシャツなんて暑くて無理だ!と、
半袖の白いYシャツ探しにデパートを数件回ったそうな。

そして、サプライズで休暇先からやって来たDのお兄ちゃん!
偽物のElvis Presleyの教会でと知った瞬間に、
これは見逃せない!と飛行機のチケットをお買い上げ。
バケーションな出で立ちで、髭にサングラス。
ラスベガス滞在時間3時間弱で爽やかに帰って行った。

Wedding @ Graceland Chapel

そして一番前で決めポーズの偽物Elvis。
モゥは歌う彼と腕を組みながらバージンロードを歩いた。

30分かけた割にはいつも通りの髪型に、
ママンとの世間話しに花を咲かせて結局スッピンだし、
フランス人の牧師さんの英語が殆どフランス語で、
何を言ってるのか???で誓いの言葉が疑問形だし、
こんな恥ずかしくって可笑しい結婚式は、
一生忘れることはないんだろうなぁ。





スポンサーサイト

Posted at 12:39 | Wedding | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。