--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016.01.27

しっとり豚ひれと、抱っこってすごい

豚ひれ肉の塊がセールだった(*´∀`人 ♪
久しぶりの煮込み用以外の豚肉にワクワク。

塩胡椒をして周りを焼き付けて、
真空パックにして炊飯器で低温調理。簡単。

DSCF1244.jpg

なるべく薄くスライスして、南蛮漬けみたいにタレにつけて冷やすだけ。
オイルをまぶしてレンジでチンした千切り人参と、青味にウイキョウの葉。

タレ
ナンプラー
ポン酢
砂糖


1. 小鍋に材料をすべて入れて温める。
2. バットに並べたスライスした豚肉と人参の上からまわし掛けて、ラップをして常温で放置。
3. 冷めたら青味を乗せて完成♪

+ 糸唐辛子なんてあったらよかったかも。
+ 豚肉は、70度くらいのお湯を張った炊飯器で保温。忘れたころに(本当に忘れた)取り出して冷まし、冷蔵庫へ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

モゥは毎朝5時起き。5時45分頃に家を出るDにご飯とお弁当を作って、
Dが出発した後はこっそり至福のココアタイム。
なんだけど、グーちゃん次第で急いで流し込むことも。

Dの朝食を作るついでに↑の豚肉を仕込もうと思ったけど、
そんな日に限って、グーちゃん4時50分起床。
おっぱい飲ませて、おむつを替えて寝かしつけ、大慌てで朝食の準備。
なんとか間に合った!

そんなわけで、日中グーちゃんがちょっとぐずってる時に抱っこひもで抱っこ。
ウトウトしてきたところでさっさと仕込んで、ついでに掃除、洗濯も済ませた。

前に屈めないのと、キッチンの蛇口と洗濯機の底に手が届かないのが難点だけど、
抱っこをすると家事がはかどることが判明。
これからは、やりたいことがあるんだけれども、
どうしてもできない時は抱っこで寝てもらおう。




Posted at 10:55 | KITCHEN | COM(0) | TB(0) |
2016.01.19

アップル・ターンオーバー

リンゴの包みパイとでも言うのか?
型要らずのお手軽アップルパイ。

DSCF1237.jpg

リンゴが少しシワシワしてきたし、アップルパイが食べたいから、
授乳中でも大丈夫そうなパイにはならないかと試しに作ってみた。


アップル・ターンオーバー

パイ生地
オートミール  1/2カップ
クルミ  1/2カップ
粉  1/2カップ
オイル 大さじ1
 +水

フィリング
リンゴ  1個 厚めの薄切り
レーズン  1/4カップ
水  大さじ1
 +シナモンパウダー
 +コーンスターチ

1. フィリングの材料を小鍋に入れて蓋をし、弱火で火を通す。
2. オートミールとクルミをフードプロセッサーで粗めに粉砕する。
3. 粉、オイルを加えてポロポロに混ぜ、少しずつ水を加えてひとまとめにする。
4. 生地を伸ばしてフィリングを包み切り込みを入れ、375度(190度)のオーブンで30分ほど焼く。

DSCF1238.jpg

* ちっともパイ生地じゃないけど、とりあえずサクサク・ホロホロ。
* お皿だと崩れて食べにくいから、縁のある器でスプーンで食べる。
* アップルパイを食べたい気分を満たしてくれるから、良しとする。


たぶん、フィリングだけでも満足するんだろうな。





Posted at 11:32 | KITCHEN | COM(0) | TB(0) |
2016.01.13

レンズ豆のポタージュ

何故だか、ポタージュが好き。
特にカボチャとそら豆。
なんでこんなに好きなんだろう?

と言う訳で、レンズ豆のスープをブレンダーでガーっとポタージュにして、
ちょっと異国情緒漂う?スパイスで仕上げた。

バターもクリームも無し。

DSCF1234.jpg


レンズ豆のポタージュ

玉ねぎ(大) 1/2個  薄切り
人参(大) 1本  薄切り
セロリ 1本  薄切り
ニンニク 1片 みじん切り
レンズ豆 4/3カップ 水が濁らなくなるまで洗う
じゃが芋(小) 1個 角切り
水 500ml + コンソメ/ブイヨン お好みで
レモン(小) 1個

+クミン
+カイエンヌペッパー
+塩、胡椒
+パセリ

1. 鍋に油を敷いてニンニクの香りが立つまで炒め、玉ねぎ、人参、セロリを加えてしんなりするまで炒める。
2. レンズ豆とじゃが芋を加えてさっと炒め、水を加えて柔らかくなるまでコトコト煮る。
3. ブレンダーでガーっとして鍋に戻し、レモンを絞り入れて、塩、胡椒で調味する。
4. クミン、カイエンヌペッパーを加えてひと混ぜしたら器によそってパセリをあしらって完成。


パセリが無いからセロリの葉っぱで。
レンズ豆はお米のように洗っておくと灰汁取りいらず。
夏はレモン強めにさっぱり冷製でも。




Posted at 12:12 | KITCHEN | COM(0) | TB(0) |
2016.01.11

Dの新しいおもちゃ、圧力鍋

あと数年で40歳になろうという男に、サンタさんからプレゼント。

41EJER4YETL.jpg

Prestoの圧力鍋。

今回は鶏肉を丸ごと調理したらしい。
DSCF1225.jpg

土曜日の晩御飯、The 肉 だけ。
ついでに野菜も切って一緒に入れちゃわない、男前な一品☆

日曜日は残りの肉でトマトグラタン。

写真は無いけど、Dが気に入ったから覚書き↓

玉ねぎ、人参、インゲン、きのこ etc. 野菜 適宜
Acorn Squash、芋、パスタ etc. 炭水化物
ダイストマト缶半分
ホワイトソース
コンソメ
クミン
胡椒


チーズ






Posted at 18:09 | KITCHEN | COM(0) | TB(0) |
2016.01.10

妊娠中の10ヵ月

2年ほど4兄弟妹のベビーシッターをしていたけど、
その家族が東海岸へ戻ることになったから、そろそろ自分達の・・・
って思っていたところで、でも翌月はDの両親とワイナリー巡りだし、
休暇から帰ってきてからでいいかと思ったところで妊娠発覚。
おもいっきりフライングヽ(´∀`)ノ


そんな感じでスタートした妊婦生活。

何が辛かったって、妊娠発覚の翌日からワイン大人買いバケーション開始。
地元テメキュラでは、赤ワインと料理のペアリングツアー、
サンフランシスコでは生牡蠣、
ナパでは2日間のワイナリー巡り、
どれも指をくわえて我慢・・・

でも、それ以降は本当に妊娠してるのか?って思うくらい、
つわりも無く、腰痛とも浮腫みとも便秘とも無縁の快適生活。
お腹が目立ってきたのも8か月頃で、予定日1ヵ月前になって妊娠に気づく友人。
ドクターは予定日を2か月くらい間違えたんじゃないかと思ったほど。

困ったのは、アメリカ流に体重が増えなくて怒られたことと、
予定日2週間くらい前になって、足の付け根が痛くなったこと、
それから臨月に入ってから風邪ひいたことくらい。

正産期に入ってからは、まだかまだかと生まれてくるのを楽しみに、
ドクターには、立ったら落ちてきそうなくらい頭がすぐそこにあると言われて、
毎日、今日こそは!と、陣痛が来るのを待っていたけど、
予定日ピッタリまでお腹の中に居座っていたもんだから、ヤキモキした。

最後の1ヵ月が一番楽しかったと思う。


こんなに楽な妊婦生活だったのは、本当に幸運だったなぁ。

Posted at 20:16 | グーちゃん | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。